手持ちのPhenomなPCでESXi 4.0が動かないかな~と思い立ってチャレンジ。
結果的に下記の環境で動いたんだけど、やはりというかなんというか、非Intelなデスクトッププラットフォームでは何かと面倒があった、というメモ。

環境:
 CPU:Phenom II X4 965BE
 メモリ:DDR2 6GB
  →最初に2GB、後から4GB買い足したので半端な数字に・・
 M/B:Gigabyte GA-MA790FX-DQ6
  →BIOS F7bに更新
 NIC:Intel PRO/1000 CT Desktop Adapter(PCIe接続)
 HDD:SATA
 光学ドライブ:IDEなDVD ROM
 VGA:Radeon HD3850
 他:
  RATOC REX-PCI15S SATA拡張カード(PCI接続)

※965なのになんでDDR2なのか。それはCPUを買ったときにメモリとM/Bをとっかえるほど散財する気力がなかったから。。

インストールCDイメージをCD-Rに焼いてDVD ROMから起動→SATA HDDにインストール。
再起動後、ネットワークの設定(IP/GW/DNS)→vSphereClientをダウンロードしてセットアップ。
仮想マシンを作ってCentOS 5.3(x64)をインストール→VMwareToolsをセットアップ、てところまでは動いた。ESXi 4のVMwareTools(RHEL5 64bit)はrpmじゃなくってtarになったのか。

この↓ページに非公式ながらも各デバイス(チップ)のHCLがあって非常に役に立った。
ESXi simple.map

以下、「だめだった」こと。

  1. MA790FX-DQ6のオンボードNICは認識されなかった。
    インストーラの起動時点で「failed to load lvmdriver」で動かず。
    RealtekチップがHCLにないのは知っていたので、以前購入しておいたIntel PRO/1000 CT(PCI express) をさしてクリア。

  2. MA790FX-DQ6のオンボードSATAポートにぶらさがってるHDDは認識されなかった。
    インストーラ起動するも、「unable to find supported device to write」で終了。
    ネットで見かけたインストーラのスクリプトを書き換える作戦もやってみたが認識せず(そもそもデバイスが見えてないようなので当然といえば当然)。上記非公式HCLを見る限りでは(このM/Bの)オンボードSATAでは無理そう。

    ではSATAポート拡張カードをさしたらどうかということで、内側SATAポートを持っていてHCLに載っているSATAカード(かつお手ごろなやつ)を探した。最終的にはRATOCのREX-PCI15S を購入。
    カード上のジャンパを「BIOS有効」に変更し、オンボートSATAは全部disableにした。

    チップはSilicon Image製Sil 3512。本当はPCIe接続のものがよかったのだけどHCLに載ってないので冒険せず(^^
    RATOCの製品は、製品ウェブページでもパッケージでも使っているチップがはっきり書いてあって好感度高し。

  3. ESXiをUSB Flashメモリに書き込んでの起動にチャレンジするも、USBメモリからの起動自体が出来ず挫折。。。
    同メモリをThinkpad X60に挿すとESXi起動途中まではいけるので、書き込み自体は問題ないはず。。
SATAがPCIにぶら下がってしまうのは惜しいけど、なんとか手持ちの環境でESXiを立ち上げられた。


おまけ:
評価状態から、無償利用のライセンスを入力すると機能制限はこんな感じだった。

■評価状態
製品の機能:
    最大 8 ウェイの Virtual SMP
    ESX Server 用 vCenter Agent
    vStorage API
    VMsafe
    DVfilter
    VMware HA
    ホットプラグが可能な仮想ハードウェア
    VMotion
    VMware FT
    Data Recovery
    vShield ゾーン
    VMware DRS
    Storage VMotion
    MPIO / サードパーティ マルチパス
    分散仮想スイッチ
    ホスト プロファイル
■ライセンスキー入力後
製品の機能:
    最大 256 GB のメモリ
    最大 4 ウェイの Virtual SMP