常時運用の仮想サーバではなく、実験であれこれ組み替えたり元のデスクトップOSに戻したり、ということをしたい。

ので、ESXiをUSBメモリにインストールする。
USBメモリを挿して起動すれば仮想サーバ、普通に起動すればいつものデスクトップOSと。

手順は↓にそのものズバリがあったので、リンク先の通りに進めればOK。
ESX3i_bootable - moti.g


少なくとも1GBのUSBメモリが必要らしいので購入。
最近はこの手のものを禁じられる場所が多いので、すっかりウォッチしていなかったけど、1GBのが2000円未満で買えちゃうんだ・・・。

小さいのとケースの形状が気に入ったので、ソニーのPOCKET BIT MINIを買ってきた。

やってることは上記URLと変わらないけど、なんとなくlinux機でやってみた。

注意:
  • 以下、全て(あるいは部分)を失っても責任を負いかねます。全て自己責任で。
  • ここの環境(Thinkpad X40)だとESXサーバのshutdown時にクラッシュスクリーンが出てます。

OS: CentOS 5.2

  • USBメモリを挿す
  • dmesgなりmessagesでマップされたSCSIデバイスを確認しておく
    自動マウントされる環境だとumount必要かも
  • ESXiのインストールISOイメージをmount
    # mount -o loop VMware-VMvisor-InstallerCD-3.5.0_Update_2-103909.i386.iso /mnt
    
  • install.tgzから、VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_2-103909.i386.dd.bz2を取り出す
    # cd /tmp
    # tar xvfz /mnt/install.tgz usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisorbig-3.5.0_Update_2-103909.i386.dd.bz2
  • 伸張する。伸張すると800MBぐらいになるので、書き込み先の残量に気をつける。
    # bunzip2 usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_2-103909.i386.dd.bz2
    
  • VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_2-103909.i386.ddをUSBメモリに書き込む
    # mv usr/lib/vmware/installer/VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_2-103909.i386.dd.bz2 .
    # dd if=VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_2-103909.i386.dd of=/dev/sdb
  • 5分ぐらい待ったらこんな感じで終了
    # dd if=VMware-VMvisor-big-3.5.0_Update_2-103909.i386.dd of=/dev/sdb
    1536000+0 records in
    1536000+0 records out
    786432000 bytes (786 MB) copied, 307.758 seconds, 2.6 MB/s
SN3E0002.JPG
USBメモリをターゲットとなるPCに接続して起動
今回はとりあえず手近にあったThinkpad X40を使った。
X40の場合、起動時にF12でブートデバイスの選択が出来るのでこれを使ってUSB HDDから起動する。

無事起動した。
このX40の場合、HDDをDatastoreとして使っちゃうわけにはいかないので、とりあえずlinux機の適当なディレクトリをnfsで公開して、Datastoreの保存先として設定した。


s1.PNG
・・・でもPentium M 1.3GHzな環境で実用するつもりもないので、試しの仮想マシンを1つ作りBIOS画面を眺めて終了。


さてESXサーバをshutdownしてしばらくすると・・・ありゃ、なんだかブルースクリーンというか紫スクリーンが。うー。

他の環境で動いてくれればいいんだけど、どうなるか。

http://communities.vmware.com/thread/146167
に書いてあるACPI周辺か