• クライアントを作る分には手間も少なく、インタフェース仕様がサーバサイドで実際に使われているコードと対応するので齟齬が減らせるのではないかと思った。
  • java/Eclipse/Tomcat/axisの組み合わせに関して言えば、本来やりたかったこと以外の部分で悩むことが多いんじゃないだろうか。java文化の特徴かも。
  • ASP.NETの場合、メソッドの属性にメタデータが書けるせいか手間が少ない。今後アノテーションに対応してくればツールを使う部分でハマるケースを回避できるかもしれない。
  • DLL HellよりもJAR Hellのがハマる
  • MTでコードについて書くのは面倒。正直Wikiにしておけばよかった。