ここまでで、最終的な公開用エンドポイントでサービスを公開できているはず。 最後は.NETを用いてクライアントを作成する。VS2005でC#を用いた。

準備

  • ウィンドウアプリケーションでもコンソールアプリケーションでもよいのでプロジェクト作成
  • ソリューションエクスプローラのプロジェクトのコンテキストメニューから「Web参照の追加」
  • WSDLのURLを与え、「参照の追加」
  • 以上で、スタブコードが生成されるはず

クライアントコード

  • フォームに入力した文字列をサービスに渡して表示するだけの単純なもの。
    private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
        this.textBox2.Text = "";
    
        cc.breeze.passing.KeitaisoKaisekiService svc = new cc.breeze.passing.KeitaisoKaisekiService();
        cc.breeze.passing.KeitaisoToken[]   results = svc.analyze( this.textBox1.Text );
    
        for( int i = 0 ; i < results.Length ; i++ )
        {
            this.textBox2.Text += 
                results[i].token + "," +
                results[i].basicString + "," +
                results[i].hinshi + "," +
                results[i].reading + "," +
                results[i].pronunciation + "," +
                results[i].surface + "," +
                results[i].cost + "," +
                results[i].conjugationalForm + "," +
                results[i].additionalInfo + "," +
                "\r\n";
    
        }
    }
    	
  • こんな感じ
    クライアント画面